個性人相学でコミュニケーション能力向上|オフィス花咲

個性人相学

なぜ、彼らはコミュニケーションの達人になれたのでしょうか?

「よくぶつかっていた上司が一番の理解者になりました!」
上司の人相から、上司は自分を攻撃するつもりはないことがわかりました。対応の仕方も学べたので、今では一番の理解者になりました。(仙台在住 S.Tさん)

「仕事がスムーズになりました!」
人事の仕事をしているのですが、相手の才能を見逃すことが少なくなりました。とてもスムーズに仕事ができています。(仙台在住 M.Mさん)

また面接の際相手の才能がいち早く理解でき、とてもいい人材を採用することができましt。

「主人とラブラブになりました!」
人相について学び、自分の才能と主人の才能が違うことがわかりました。主人を尊重できるようになり、今ではすっかりラブラブです。(千葉県在住 K.Sさん)

 

ここでご紹介した方々は、もともと人間関係に問題を感じていたり、仕事でもっと効率よく見極めて行きたいと思っていました。
人間関係の問題は本当に大変で、ストレスの一番の原因とも言われているほどです。また採用などでは結果を出したが、いざお仕事をさせてみるとあれあれ??ということがあったり、異動の際合わない人を組み合わせて問題を起こしたりと。

しかし、個性人相学が相手とのコミュニケーションを、円滑に活かせるツールとなります。。

実は、彼らはコミュニケーション能力向上のため、効果的に仕事に活用するため、個性人相学を学んだのです。
人相について学び、相手のことを理解することが出来れば、誰でも同じように人間関係を劇的に良いものにすることができます。

しかも、仕事でも私生活でもあらゆる場面で応用でき、才能までわかってしまうとなれば、その道具を使わない手はありません。

 

申し遅れました。私はオフィス花咲代表 松岡ちさとです。

20年も前になりますが、会社生活を送る中で心が弱くなり、心身ともが動かなくなったことがありました。その時に出会ったストレス解放術を実践したところ、どんどん生活が楽になり、おまけに出世まで。コミュニケーションもとてもスムーズになり、人間関係が改善されました。そして、その学びのツールをどんどん使う中気付いたことがありました。

私たちは自分と相手の得意な事(才能)知らないため、どちらに向かったらいいのか決めかねているのでは??

では、得意な事をよく知るには、どうしたらいいのでしょうか?私が長年カウンセリングやヒーリング、コーチング等を学び実践する中で至った結論は、「得意な事(才能)をよく知るためのベストな方法は、自分の顔をよく知ること」です。

実は、目、おでこや鼻、口等を含む人相全体から、心の深い部分を読み解くことができます。これは、現在の心の状態だけにとどまらず、持って生まれた才能や個性さえも読み解くことができます。

自分の得意分野が明確になれば、何をすればスムーズに物事が進むのかわかるようになります。

また、人相からは自分の得意分野はもちろん、他の人の得意分野(才能)も読み解くことができます。他の人がどういった特性を持っているのかがわかり、その特性にはどう対処するのがよいのかがわかっていれば、コミュニケーションは非常にスムーズなものになります。頑張って努力しなくても、自然な形で人間関係が良好なものになります。

 

これらの知恵を、どんな人にも使いやすくしたのが、「®個性人相学」です。
写真を見てご相談に応じることも可能です。
ご夫婦や親と子、上司、部下、など広範囲で利用できます。
また採用などにも大いに活用できるツールです。

 
 

松岡ちさと

はじめまして、オフィス花咲代表の松岡ちさとです。

対人関係やビジネスの実績向上のためのツール「®個性人相学」を提供しています。これは、普段の生活にもビジネスにも活用できる実用的な道具で、 人間関係に悩みがある方や、ビジネスでよりスムーズな結果を出したい方にピッタリです。

このページにたどり着いたのも何かのご縁です。どうぞお気軽にご相談下さい。